ウィーンフィル博物館:Haus der Musik
Haus der Musikサイトへ
  Haus der Musik  

音楽 ウィーン


  House of Music            




新しい観光名所 音楽|ウィーン 

毎年多くの人々がウィーンを訪れ、音に聞こえた「音楽の都」を求めてオペラ、コンサート、ワルツショーと駆け回る。ウィーンでは観光客用のワルツショーといえども、目を閉じ耳を澄ませれば、そこには本場の躍動感があふれている。まして、世界最高のオペラやウィーンフィルをはじめウィーン交響楽団、ウィーン少年合唱団と、素晴らしい演奏が目白押しである。音楽好きにはたまらないだろう。

さて、夜はこのように素晴らしい催しが目白押しだが、音楽の都ウィーンでの観光は何があるのだろう。まさか夜のコンサートまでホテルでじっとしているわけにはゆかない。ウィーンは音楽の都と言われるだけあり、音楽の観光にも事欠かない。楽聖眠る中央墓地、音楽家の記念館、新王宮の古楽器博物館。いずれも世界的に有名な観光名所である。

そんな中でひときわ採光を放つのが、ウィーンフィル創設者で初代指揮者であったオットー・ニコライの住居があった建物に博物館としてオープンした 音楽|ウィーン だ。

内部には、ウィーンフィルの歴史博物館の他に、ハイドン、モーツアルト、ベートーベン、シューベルト等ウィーンで活躍しウィーンで没した音楽家達の歴史博物館、そしてヴァーチャル・コンダクター、つまり「ウィーンフィルの仮想指揮」の設備もある。見事ウィーンフィルを最後まで指揮できれば、上階のショップで証書を発行してもらうことも可能だ。

最後に、 音楽|ウィーン のミュージックショップは音楽関係ではウィーンで最も充実していることを付け加えておきたい。音楽の都を訪れた思い出を持ち帰るのに、良いものがきっと見つかるだろう。


シュテファン・ザイグナー/創立者 [文:R.ムルス]

ザイグナー氏がシーメンス社と地元の保険会社の資金協力を得ることに成功したのは、彼自身の経営投機の経験を踏まえた上で、同じ経営者として彼らにこう助言することができたからでしょう。「スポンサーというものは、無理のない範囲ですれば良いのですよ」

S・ザイグナー/創立者とZ・メータ/名誉会長 音楽|ウィーン は、音楽 - とりわけウイーン古典派音楽 - によってザイグナー氏が病気から救われた経験から、その発想が生まれました。「病状はかなり悪かったのですが、音楽のおかげで回復することができました。音楽という命綱がなかったら、私は死んでいたかも知れません」。この音楽への深い愛が、 音楽|ウィーン の運営理念の一端となっています。

ザイグナー氏は、音楽|ウィーン が果たすべき役割について考え、ウイーン大学医学部・心理学者の観点から音楽療法をテーマとする綿密な構想を練り、 音楽|ウィーン を単なる博物館だけでなく、カウンセリングの場にもできないかと考えたのです。

http://wien-jp.com/