トップページ盗難・事故・病気スリ置き引き被害の対処

02.Apr.2008

ウィーンで盗難/Diebstahlに遭ったら

一応どのような場合でも所轄の警察/交番/Polizei/ポリツァイに行き盗難証明書/Diebstahlanzeigebestaetigung/ディープ,シュタール,アンツァイゲ,ベシュテーティグンクを作っておきます。日本語斡旋員:Tel.06642706223(1時間40ユーロ)。保険の保証を受けるために必用ですし、もしも、パスポートが発見された場合にスムーズです。オペラ座近くの交番はカールスプラッツの地下鉄窓口で聞けば教えてくれます。クレジットカードを失った場合は、すぐにカード会社に電話しカード使用を停止します。

※中心部派出所:地下鉄カール広場駅地下道、地下鉄シュテファン広場。いずれも地下鉄切符売り場の窓口でPolizei/ポリツァイと尋ねれば教えてくれる。

関連リンク:
外務省海外安全ホームページ(日)

旅券/パスポートを取られた場合

パスポート/Reisepass/ライゼパスは携帯せずコピーを携帯します。パスポートが失われたときは、先ず最寄りの警察に行き、盗難証明/盗難紛失届け出証明書を作ります。その間、在オーストリア日本大使館領事部に電話を入れ、指示を仰ぎます。

パスポート再発給にはパスポート用の写真2枚が必要です。手元に無い場合は、市立公園のJ・シュトラウス像をはさんでリンク通りの反対側にあるホテルマリオット内・SASホテル側出入り口にある写真屋さんは、日本のパスポートサイズの写真をすぐに作ってくれます(2006年確認)。

オーストリア警察が発行した盗難証明と写真2枚、取られたパスポートのコピーまたはパスポートナンバーや発行年月日等のデータを用意してから日本大使館へ行きます。なお、大使館は週末と法定祝日は休業です。再発行のために日本へ問い合わせが必要な場合は、日本との時差が影響し、再発行までに1日余分に日数が必要なときもあります。

パスポート再発行には3日程度の日数がかかるそうです。日本へ直接帰国する場合は『帰国のための渡航書』を申請すると1−2日で取得できるそうです。過去にオーストリア警察のパスポート盗難証明と事前に取っておいたパスポートコピーで、オーストリアから出国したと言う話を聞きましたが、オーストリアがヨーロッパ連合加入前の話でした。

航空券/Air Ticketを失った場合

事前に航空券最終ページ/Not validページのコピーを取っておき、別に保管しておきます。航空券の再発行は、出発の2-3時間前には空港のチケットオフィスに行き、オーストリア航空の場合、再発行手数料一人100ユーロで再発行。コピーが無い場合は、発行した日本の旅行会社に連絡して情報をもらっておく。データが全く無い場合は、航空券の新規購入。

eチケット/electronic ticket/電子航空券の場合は、パスポートのみでも搭乗券/Boarding Pass/ボーディングパスの発行が可能。

関連リンク:
グーグル⇒航空券 Eチケット(日)