■ プチポワン マリア・シュトランスキー店 ■

ウィーンのプチポワン
M a r i a
S t r a n s k y


Hofburg-Passage 2 , A-1010 , Wien
Tel. (01) 533-6098

ウィーンの王宮に店をかまえる「マリア・シュトランスキー」のプチポアンは、日本の天皇家を含む世界中の王侯貴族に愛用され、現在に至っております。

プチポアン「点刺繍」とは数百色にも及ぶ絹糸を使用した、それぞれ2つの針歩からなる1平方センチメートルに121から225針歩という、肉眼では点にしか見えない、まさに「手作りの宝石」とも呼べる芸術品です。

プチポアンはシェーンブルン宮殿華やかなりし頃、女帝マリアテレジアの時代にその色合いの美しさと華麗さによって王侯貴族の間で大流行し、その後現在もなお多くの人に愛され続けてます。


プチポアン制作方眼紙の元絵は帝政時代から伝わる貴重な宝物。大きく拡大された方眼紙の元絵を前に、ルーペを通して100分の1ミリ単位の手仕事で、1点ずつ丹念に針を差し込みます。気の遠くなるようなひたむきな作業の繰り返しによってのみ、絵画では得られない、遠くからでもくっきりと浮かび上がる華やかな文様が生まれます。
情報提供:マリアシュトランスキー店、免税店ワルツ

ウィーン観光情報
Copyright(C)1997-2008 wien-jp.com