トップページ話題の引き出し三聖王祭(Heilige Drei Koenige)

2000/01/05 - 更新2012/01/01

三聖王祭/Heilige 3 Koenige

関連項目:
オーストリアの祝祭日
オーストリアの祝日カレンダー

3人の王様オーストリアは9割位がカトリックですから祝日もほとんどが宗教的なものです。1月06日はハイリゲ・ドライ・ケーニゲ(聖なる3王様)の法定祝日です。この1月06日の祝日は新約聖書の福音書の内容からきたもので、「クリスマスに神の御子が生まれると、星をたよりに3人の王様(賢人/博士)が貢ぎ物を持って訪れる。」というような内容だったはずです。

この時期には、子供達がその格好をして家々を巡り、家の前で歌を歌い、お菓子をもらう習慣があります。最近(1955年から)はカトリック教会の動きとして寄付を集め、未開発国等の援助金にしてます。寄付をすると、その家の扉にチョークでおまじないを書いてくれます。

この時期にウィーンの路上で変な格好の子供達を見つけても、仮面舞踏会とは限らないのです。

その他、この日はクリスマスツリーを片づける、日本で言う「しめ縄焼き」の日でもあります。街角にツリー回収場所が設けられ、指命を立派に全うしたクリスマスツリーが山積みになります(2014年はウィーン市内に約500箇所、1月18日まで)。