トップページウィーンの歴史

2008/03/18-2011/08/16

ウィーンの歴史

ガイドや添乗員の話のメモを取ったり、録音を取ったりしているのを見ますが、録音しても後でもう一度聞き直すことはたぶんないでしょうし、メモを取ると、紙面に気を取られて観光になりません。それ以前に国の免許を持つ公認ガイドの話は著作権法実演家権(日)で守られてます。ウィーン旅行の事前準備として少し歴史を読み、できたらおおまかな流れを覚えておけば充分でしょう。歴史は嫌いではありませんが、ここでは複雑な内容を避けて一般的な観光に必用な内容のみにしたいと思います。

一般的なウィーン観光に関するオーストリアの歴史は以下の3時代に区切ることができます。

このページの内容:
1.バーベンベルグ時代(約3世紀間)
2.ハプスブルグ時代(約6世紀半の期間)
3.一次大戦後現代まで
ウィーンの歴史関連リンク:
Stadtgeschichte Wiens(独)
神聖ローマ帝国の歴史(日)
神聖ローマ帝国その成り立ち(日)
神聖ローマ皇帝(日)

1.バーベンベルク時代

関連項目:
バーベンベルク時代

2.ハプスブルグ時代

バーベンベルク家の次にオーストリアを支配した、ハプスブルク家の時代は13世紀から始まり帝政崩壊の1918年、大正7年まで640年間続きます。歴代のハプスブルク家の皇帝は例外を除きウィーンに都を置き、ウィーンはナポレオン戦争までの神聖ローマ帝国、ナポレオン戦争以後はオーストリア帝国の首都として経済と文化の中心となり繁栄しました。

15世紀 ウィーン少年合唱団
16世紀 スペイン乗馬学校
17世紀 オスマントルコ (1529-1683-1699)
18世紀 バロック建築ブーム
・多くのペスト記念柱
ベルベデーレ宮殿
・カール教会
シェーンブルン宮殿(英/独)
・マリアテレジア
・モーツアルト
・ハイドン
19世紀 ナポレオン(ナポレオン1世とその長男 2世)
・ベートーベン
ビーダーマイヤー様式
シューベルト
楽友協会設立
・ウィンナーワルツ
・ウィーンフィル設立
・皇帝フランツ・ヨゼフと皇后エリザベート
中央墓地
・水道橋
・ドナウ河川工事
大観覧車
・環状道路建造物
ウィーン分離派
20世紀 ナポレオン(ナポレオン1世とその長男 2世)
サラエボ事件、第1次大戦勃発

3.一次大戦後

二次大戦前集合住宅
二次大戦中ドイツ併合時代
二次大戦後10年間の4国支配 (第三の男撮影)
・ソ連軍記念碑
・ウィーン幻想派の画家
フンデルトヴァッサー
・建築家ハンス・ホライン