トップページ盗難・事故・病気空港でのスーツケース未着時の対処

2008/04/02-2016/01/29

空港でのスーツケース未到着時の対処方

海外旅行でこれが一番起きやすいトラブルでしょう。ロストバゲージ/lost baggageと言うそうです。添乗員や空港での現地斡旋員手配が無い旅行の場合は自己処理です。ロストバゲージへの対応は航空券販売の旅行会社やツアーオペレーターとは無関係なので、手続き書類に記されている電話番号や利用した航空会社等と連絡を取ります。

関連リンク:
電話番号検索⇒ウィーンの航空会社(独)
グーグル⇒ロストバゲージ(日)

荷物の引き受け証/クレイムタグの確認

空港でチェックインカウンターで預けるスーツケース等の荷物は、大小にかかわらずbagではなくbaggageまたはluggageというのが習慣です。

空港出発時チェックインのときにスーツケースの重さを計り、空港内部へそのスーツケースを流し込みますが、そのときに行き先が書かれたシールが、空港係員によってスーツケースの取っ手に付けられ、その半券クレームタグ/claim tagが荷物と引き換えに渡されます。

このクレイムタッグがないと、荷物が紛失しても損害が補償されないので、忘れず確認保管します。

問題なく荷物が到着したら、クレイムタグは不要です。次回のフライトでロストバゲージの原因になるため、荷物に付けられていた使用済みの古いタグと共に破棄します。

飛行機に預ける荷物の呼称
受託手荷物/バゲージ/baggage
受託手荷物/ラゲージ/luggage

ロストバゲージへの対処

身の回り品や現地到着時にすぐ必要な物、貴重品は機内持ち込みの手荷物にします。よく飛行機を利用する方には機内持ち込み用のバッグが便利です。

関連リンク:
グーグル⇒キャビンバッグ(日)
グーグル⇒キャリーバッグ(日)

機内持込手荷物の規制:2006年11月からEU(含EU外:スイス、アイスランド、ノルウエー)、2007年3月から日本の空港で導入。練り歯磨き、クリームを含む全ての液体は、容器のサイズ100mlまでを、容量1リットル以内の開封チャック付きビニール袋ひとつにまとめ、ノートパソコンなどの大型の電子機器も、他の手荷物とは別に機内持込みのチェックを受ける。許容量を超える分は、事前に受託手荷物内へ入れる必要がある。[07.Nov.2006]
わかりやすい詳細説明:関西国際空港(日)

バゲージクレイム/baggage claim について

預けたスーツケースが到着空港のベルトコンベアで最後まで出てこなかったり、損傷を受けていた場合は、クレイムタッグと航空券を提示し、利用航空会社に届け出ます。ウィーン国際空港ではスーツケースのマークに「?」マークがついているLost&Found窓口での手続きとなります。

バゲージクレイム/baggage claimは、claim tagの他にLost&Found窓口に用意されている用紙への記入が必要です。記入はスーツケースの色・材質等、ウィーンでの滞在先、滞在期間と、滞在中スーツケースが間に合わなかった場合の、次の目的地や宿泊場所等です。あとはそのうちホテルに届くのを待ちます。翌日夕方に到着しなければ、クレーム受理用紙に記されている電話番号へ電話し様子を聞きます。

なお、スーツケース到着までの身の回り品について、航空会社によっては若干の費用を負担してくれることもあるため、下着・洗面用品等について保証枠を確認し、保証がある場合は買ったときのレシートは取っておきます。

ロストバゲージ、本当に起きるの?

50個に1個の割合で、オーストリア航空においてスーツケース(Koffer)が、今年上半期にロスト。このようにヨーロッパ航空連盟の調査が出た。KLMとBAだけがこれよりも悪い結果だった。ロストのスーツケースの85%は48時間以内に遅配された。

以下新聞の記事。つまり、ヨーロッパ内で年間約78万人が48時間経っても荷物を受け取ってないことになる。

Jeder 50. Koffer ist im ersten Halbjahr bei AUA-Fluegen "verloren" gegangen, so eine Untersuchng der Vereinigung Europaeisher Fluglinien. Nur KLM und British Airways haben eine noch schlechtere "Quote". Zum Trost: 85% der fehlgeleiteten Koffer werden binnen 48 Stunden nachgeliefert.2004/09/01クローネン新聞
オーストリア航空:1/4着陸遅れ。荷物1000個あたりのロストバゲージ=トルコ航空4.2、マレブ6.8、フィンエアー9.7、イベリア10.1、スイス11.0、SAS12.0、アリタリア13.3、エアーフランス14.4、ルフトハンザ16.7、オーストリア航空17.7、英国航空17.7、KLM18.0。 今年上半期ヨーロッパ内で約260万人が荷物無しで空港到着。そのうち15%を除き48時間以内に荷物を受け取る。荷物の完全紛失が確定するのは45日後で、その場合は1225ユーロが保証される。オーストリア航空の場合、完全紛失は1000人中2個。2004/09/01クリア新聞