トップページ話題の引き出しモーツアルトの死

2018/04/07-2018/04/27更新

モーツアルトの死

中央墓地のモーツアルト墓碑右の画像はウィーン中央墓地のモーツアルト墓碑です。この墓碑は、モーツアルトが葬られた聖マルクス墓地から中央墓地へ移されたものです。

このページの内容:
1.モーツアルト墓碑が2ヶ所
2.モーツアルトとフリーメイソン
3.モーツアルトのレクイエム
4.モーツアルトのお葬式と埋葬
5.モーツアルトのお墓のミステリー
関連項目:
・ウィーン中央墓地
・ウィーン観光:中央墓地
関連リンク:
・Felix Czeike: Historisches Lexikon Wien(独)
・Biographie W.A. Mozart's(独)
・グーグル「Michael Lorenz Mozart」(独)

1.モーツアルト墓碑が2ヶ所

聖マルクス墓地に置かれた現在のモーツアルト墓石モーツアルトが葬られた聖マルクス墓地に墓碑が置かれたのは、生誕100年、没後65年の1856年のことでした。この墓碑は1891年に中央墓地へ移され、その後しばらくしてから埋葬場所と思わしき場所に新たに二つ目の墓碑が設けられました。この二つ目の墓碑が聖マルクス墓地のものです。

聖マルクス墓地のモーツアルト墓碑一帯は、没後200年経った1991年に茂みを刈り取り、並木道から墓碑まで小路が通されました。それまでは、茂みを掻き分けながら探さないとお墓が見つからないほどに荒れ果ててました。立派な立て看板もこのときに置かれてものです。今では綺麗に白ペンキが塗られた墓碑の前に「それらしく」盛り土がされ、芝生に花も植えられてます。

この聖マルクス墓地に置かれた二つ目の墓碑は、傷みが進んだことから戦後(1945-55)に新たに作り直し、1991年に辺りを整備、さらに2017年にも大修復されてます。つまり現在の墓碑は2017年に新設置されたものということになります。右にその写真を貼っておきます。

2.モーツアルトとフリーメイソン

モーツアルト最期の場所の記念盤右の画像は、モーツアルト最期の場所に掲げられている記念盤です。最期の建物は1849年に建て替えられたと記されてます。歩行者天国ケンルトナー・ストリート至近の猫カフェ(独)界隈ですから、そこで働いている日本人に尋ねれば、この記念盤の場所を教えてもらえるでしょう。

モーツアルト最期のアパートはフリーメイソンのグランドロッジ向かい側の建物でした。今でもグランドロッジの周りにフリーメーソン関係のお店などが並んでいたり、上階が渡り廊下でグランドロッジと繋がっていたりということを考えると、フリーメイソンの会員だったモーツアルトは、晩年フリーソン関係の建物に居たということになります。

モーツアルトが作曲したオペラ魔笛の台本作家シカネーダーもフリーメーソンの会員ですし、この最期のアパートに居たモーツアルトがお金の無心の手紙を出した宛先もフリーメーソンの会員でした。モーツアルトの周りはフリーメイソンで溢れていたように見受けられます。

なお、最晩年のオペラ「魔笛」の描写でモーツアルトがフリーメイソンの秘密に触れたという理由で、モーツアルトのフリメイソン暗殺説もありましたが、サリエリによる暗殺説も含めて否定されてます。1974年に出て大きな話題となったディーター・ケルナー氏「大音楽家の病歴(絶版)」での考察は、今では否定されている内容が多いようです。

因みに1791年9月30日のオペラ「魔笛」の初演は、アン・デア・ウィーン劇場ではなく、フライハウス(免税館)一角の劇場だったそうです。1785年10月からのフライハウス大改築で作られ、1787年に完成したフライハウス劇場は、ヴィーデン劇場(Theater auf der Wieden、または当時Wiedner Theater記載)と呼ばれ、1789年からは魔笛の依頼者シカネーダーが劇場監督を務めてました。

die Bühne im Freihaus mit der Uraufführung der Zauberflote am 30. September 1791. Den Text zur Oper hatte der Direktor Emanuel Schikaneder selbst verfasst. Josepha, die älteste Schwester von Mozarts Frau Constanze, sang in der Uraufführung der Zauberflote die Königin der Nacht. Mozart selbst dirigierte bei dieser Uraufführung und Schikaneder spielte den Papageno.1791年9月30日にフライハウスで初演されたモーツアルト魔笛は劇場監督のシカネーダ自身の台本。初演の配役は、夜の女王がコンスタンツェの一番上の姉ヨゼファ、モーツアルト自身の指揮で、シカネーダはパパゲーノ役。[Freihaustheater]

このフライハウス劇場は1801年6月11の公演が最後の記録で、その後取り壊され、1913年の都市計画で後にそこに通されたOperngasse通りに記念碑が見られます。

魔笛小屋:モーツァルトは1791年の3月から9月にかけてオペラ魔笛の作曲を進め、プラハでの『皇帝ティートの慈悲』の上演のため中断を経て、9月28日に完成させた。当時妻コンスタンツェがバーデンへ湯治に出ており、モーツァルトは一人暮しをしていたため、シカネーダーは彼にフライハウス内のあずまやを提供した(このあずまやはザルツブルクの国際モーツァルテウム財団の中庭に移設され保存されている)。[Wikipedia魔笛から引用]

関連リンク:
・Freihaus auf der Wieden[Wikipedia](独)
・Freihaus auf der Wieden[WIKI](独)
・Freihaus[Wikipedia](独)
・検索結果:freihaustheater(独)
・Emanuel Schikaneder[Wikipedia](独)
・Theater an der Wien[Wikipedia](独)
・フリーメーソン[Wikipedia](日)
・Freimaurer[WIKI](独)

3.モーツアルトのレクイエム

モーツアルト最期の場所となったアパートを「背が高く、やせ気味、灰色のコートを着て、 不気味な感じのする、男」が訪ね、少なからぬお金と引き換えに鎮魂歌/レクイエムの作曲を依頼したのはよく知られた話です。当時は著作権法が無かった時代ですから、作曲者が名前を隠して依頼人に代わって作曲するということが間々あったようです。今流のゴーストライターです。

モーツアルトは「自分のための鎮魂歌」と言いながらこのレクイエムを作曲し、未完で没します。死の床で弟子のジュースマイアーにレクイエム完成までの詳細説明をし、ジュースマイヤーにより完結されたのが世界中で演奏されているモーツアルトのレクイエムです。

このレクイエム作曲依頼者がフランツ・フォン・ヴァルゼック=シュトゥパハ伯爵、使者がその伯爵知人フランツ・アントン・ライトゲープ (Franz Anton Leitgeb)であったことが判明したのは、その後1世紀半が経過してからでした。

伯爵とモーツァルトとの契約内容について、シュナイダーは古文書の記録の中から、 ゾルチャンという公証人のもとに作成された契約書を発見した。それによるとこの報酬はかなりの金額で、そこには自筆譜であること、この委託を秘密にしてほしいという異例の条項が含まれていた。[安彦正一:モーツァルトの作品「レクイエム」論争の一考察158ページ参照:Schneider, O. : Mozart in Wirklichkeit, Wien. 1955.より]

関連リンク:
・レクイエム(モーツアルト)[Wikipedia](日)
・ジュースマイヤー[Wikipedia](日)
・ジュースマイヤー異聞(日)避難
・Franz von Walsegg[Wikipedia](独)

3a.モーツアルトの死因について

モーツアルトの死因については諸説紛々ですが、高熱、発疹、発汗、腫れ、手足や背中の痛み、嘔吐、下痢で衰弱していたにもかかわらず、最後まで意識があったことから死因はリュウマチ熱か、それに似た症状の「連鎖球菌による感染」ではないかという説がよく知られてます。

関連リンク:
・音注意:Mozart's Mysterious Death(英)
・モーツァルト・死因[Wikipedia](日)

4.モーツアルトのお葬式と埋葬

1764-1787年制作のウィーン地図 モーツアルトは現在のウィーン旧市街地で没してます。幕末の頃まではリンク通りの少し内側にリンク城壁が残されており、その城壁内です。1791年12月05日、享年35のことでした。管轄の聖堂区教会はシュテファン(大聖堂)でした。

モーツアルトの亡骸は、前年1790年に没した皇帝ヨゼフU世による埋葬令により、住宅地での埋葬が禁止だったことから、1783/84年に外環状城壁/リニエンヴァルの外に点々と作られた5つの墓地のうちの一つ、聖マルクス墓地に葬られることになりました。

住宅地での埋葬禁止は安全な飲料水確保のためで、疫病流行の防止と、死臭漂う井戸水を避けるためだったそうです。

歩行者天国グラーベンを散歩すると、バーベンベルク家レオポルドV世の像が立つ井戸の名残が見つかります。シュテファン墓地からは100m程度の至近です。

そのシュテファン墓地はマリア・テレジアの長男ヨゼフU世によって閉鎖され、更地にされました。そのときに名士達の墓石のみシュテファン教会の外壁に残されましたが、その後これらのオリジナル墓石は保存のためにウィーン歴史博物館に移され、現在シュテファン外壁に貼られている雨ざらしのルネサンス墓石はコピーだそうです。

4a.聖マルクス(サン・マルコ)

モーツアルトが亡くなった頃は、オスマントルコとの戦争で名を成したオイゲン公の進言を受けた皇帝レオポルドT世が2本めの城壁(リニエンヴァル/Linienwall)を築いた約80年後のことで、ウィーンの市街地がリンク城壁の2−3キロ外側まで拡大してました。

聖マルクス墓地は、当時拡大していた市街地の外側、外環状城壁のすぐ外側に置かれた墓地です。この外環状城壁が現在の外環状道路(ギュルテル/Gürtel)です。

外環状道路のすぐ外側に位置するウィーン中央駅(日)に行くと、構内にサン・マルコを象徴する「羽のあるライオン像」が置かれてます。これは元々中央駅が開かれるまで近くにあったウィーン南駅構内から移したものです。

聖マルクスとはイタリアでの「サン・マルコ」、つまり新約聖書の「マルコによる福音書」を記した聖マルコです。ベネチアのサン・マルコ寺院は彼のお墓です。マルコがベネチアに眠っていることから、ベネチアでは氏神さまとして祀られてます。

マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4つの福音書は昔から、人、ライオン、雄牛、鷲(わし)に例えられてきました。それは『エゼキエル書』1章に登場する四つの生き物の姿が出典です。「その顔は人間の顔のようであり、四つとも右に獅子の顔、左に牛の顔、そして四つとも後ろには鷲の顔を持っていた」(1:10)。マルコは福音書の書き出しを「荒野で叫ぶ声」で始めています。これはライオンの咆哮を連想させます。またイエスの奇跡的な力が強調されていることからも、強さを表すライオンのイメージになると言います。何より福音書の最初に登場するのが荒野で呼ばわる洗礼者ヨハネであり、ヨハネは「砂漠の獅子」となぞらえて呼ばれるので、マルコと獅子が結びついたのです。[聖マルコの有翼獅子2012/4/15] 加筆:聖なる獅子を神の宿る空近く表現したのが獅子の「翼」。

かつてウィーンからベネチアへ伸びた街道沿いには、旅の安全祈願からマルコの道祖神が点々と置かれたそうです。聖マルクス墓地が開かれた頃のウィーンは外環状城壁に囲まれていたので、その城壁を出てベネチアへ向かうときに、すぐに横を通過する墓地を旅先の氏神さまに捧げたのが、サン・マルコ墓地、つまり聖マルクス墓地だそうです。もちろん、ウィーン中央駅の聖マルクスのライオンも、元々はベネチア旅行の安全祈願として旧南駅の構内に置かれたものです。

ヨーロッパの主要駅の話はタクシスとの関連もあり、長くなるので、機会を改めて公開したいと思います。

関連リンク:
・Linienwall[Wikipedia](独)
・Gürtel (Wien)[Wikipedia](独)
・Bestattungswesen(独)
・St. Marxer Friedhofspark(独)

Als er am 23. August 1784 verfügte, dass Sarge nicht mit der Leiche beerdigt werden sollten ("Josephinische Särge" mit unten aufklappbarem Boden, damit die Leichen herausfallen konnten), musste er diese Anordnung wegen des massiven Widerstands der Bevölkerung am 27. J&aiml;nner 1785 zurücknehmen. Bis ins 18. Jahrhundert herrschte bei den Begräbniszeremonien grosse Einfachheit vor (Aufbahrung im Sterbehaus, Einsegnung in der Kirche, Organisation durch Mesner oder "Konduktansager"). Die seit Mitte 17. Jahrhunderts übliche Totenbeschau wurde 1784 zwingend vorgeschrieben. 1783/1784 wurden alle Friedhöfe innerhalb des Linienwalls, das heisst auch in der bisherigen Vorstadtzone, aufgelassen und vor den Linien neue Friedhöfe (Kommunalfriedhöfe) angelegt ([[Hundsturmer Friedhof,Matzleinsdorfer Katholischer Friedhof, Schmelzer Friedhof, St. Marxer Friedhof, Wahringer Allgemeiner Friedhof); nach der Eröffnung des Zentralfriedhofs (1874) wurden sie geschlossen.底板が開閉式の貸出し棺桶。リニエンヴァル城壁の内側は埋葬禁止、その外側の5つ墓地に埋葬のこと。1874年からは、この5つの墓地に替わり中央墓地。[Bestattungswesen2017/01/13]

5.モーツアルトのお墓のミステリー

モーツアルトの天真爛漫な性格については、映画「アマデウス」の中で見事に描写されており、その映画が全てフエイクだと言われる中で唯一の史実と考えられます。とにかく人格形成に影響のある6才から25才まで、ずっと旅ばかりでしたから、大人の社会で甘やかされたのが、この性格形成の要因と考えられます。

自由奔放に生きたモーツアルトの晩年は、借金まみれだったそうです。かなりの収入があったにもかかわらず、財を失ったのは、当時流行った賭けビリヤードだったのではないかという説もあります。実直だったモーツアルトのお父さんレオポルド・モーツアルトがある程度の遺産を残したのとは大きな違いです。

未亡人となったコンスタンツェがモーツアルトのために出した葬儀は、ハプスブルク皇帝ヨゼフU世の埋葬令で最下等のものでした。借金まみれだった亡夫よりも残された未亡人を心配した仲間の助言もあったそうです。

モーツアルトの告別式は大聖堂内部の主祭壇ではなく外壁にある小さな礼拝堂で執り行われ、亡骸は郊外に位置する聖マルクス墓地へ運ばれ葬られました。

この三等級の埋葬では、5体の遺体を一緒に埋める共同墓穴、棺は行政が用意した貸出し木棺、墓石と献花が禁止でした。

ヨゼフU世の埋葬令では、蘇生する人の生き埋め防止のために、死亡翌日の埋葬が禁止でした。よく知られた葬式の天気に関する言い伝えと、気象庁の記録の一致により、お葬式の12月07日は小雨で空を重く雲が覆っていたことがわかっているそうです。

病弱だったコンスタンツェは風邪のため、ウィーン郊外に位置する聖マルクス墓地へは同行しませんでした。そうでなくとも当時の習慣で城壁の外に位置する墓地まで誰も同行しないこともあったようです。また、共同墓穴は10年毎に整備され使い回しされたことから、未亡人となったコンスタンツェが後に再婚したニッセンと同棲していた1808年頃に亡夫モーツアルトのお墓に行ったときには、モーツアルトの葬られた場所がわからなくなってました。

当時は誰もお墓まで同行しないこともあったようですが、モーツアルトの埋葬時には4人の大人と2人の子供が立ち合ったとされてます。このときの子供の記憶と、門から真っ直ぐ伸びる坂道、突き当りの大きな十字架(当時は木製)、アルブレヒツベルガー(日)のお墓の位置が、没後半世紀が経ったときのモーツアルト墓石建立の場所決定に役立つことになります。(1987年頃の聖マルクス公園課職員の話)

因みに、現在モーツアルテウムが保管しているモーツアルトの橈骨は、遺伝子鑑定の結果、女性の橈骨だったらしいとのこと(海老沢敏氏から聞いた話1991年)。このモーツアルト橈骨の話しについては、長くなるので以下リンク(独)参照。

関連リンク:
・St.Marxer Friedhof[Wikipedia](独)
・モーツアルテウム(独)
・1)Joseph Rothmayer(独)
・2)Joseph Rothmayer(独)
・Hermine Cloeter[Wikipedia](独)
・Alexander Kugler(独)

5a.モーツアルトの研究

モーツアルトの伝記が最初に発表されたのは1829年のことでした。この伝記は、モーツアルト死後6年の1798年からモーツアルト未亡人コンスタンツェと同棲し、1809年にコンスタンツェと結婚したゲオルク・ニッセンによって書かれ、ニッセンの死後3年経った1829年に補完され発表されたものです。

ニッセンはコンスタンツェが片付けて捨てようとした亡夫モーツアルト関連の資料の多くを保存し、1820年に退官後モーツアルト生地のザルツブルクに移住し、モーツアルトの手紙400通と共に伝記をまとめました。この伝記で欠落しているのは、モーツアルトとコンスタンツェがどんなに深く愛し合っていたかという点のみで、モーツアルト研究で最も重要な著述と考えられてます。

関連リンク:
・ゲオルク・ニコラウス・ニッセン(日)
・Georg Nikolaus Nissen(独)

Eine Kulturgeschichite des 3.Wiener Gemeindebezirks 59ページモーツアルト没後50年の1841年にはザルツブルクにモーツアルト研究機関が生まれ、モーツアルトが学術的に研究されるようになりました。これが現在の国際モーツァルテウム財団です。

モーツアルトの共同墓穴の位置調査が行なわれたのは、モーツアルトの死後半世紀ころのことでした。共同埋葬用に地面に刺された木の十字架はあっという間に朽ち果て、モーツアルト埋葬後10年の1801年には、次の共同墓穴のために整地され、目印らしいものは残されてませんでした。

結局、「大きな確率」で埋葬場所が特定されたのはモーツアルト生誕100年の1856年頃であり、墓碑がハンス・ガッサーのデザインで建造されたのは1855から59年頃とのことです。

現在は中央墓地に据えられているハンス・ガッサー(1817-1868)作のモーツアルト墓碑は、ニンフ(日)が椅子に座り、下を向いた姿でモーツアルトの死を悲しみ、モーツアルトが死の床で作曲し、事切れる直前にそのメロディを歌ったレクイエムを手にしてます。ウィーン西駅のエリザベート像

ハンス・ガッサーは、この直後1860年に彼の代表作となったウィーン西駅(当初は皇后エリザベート駅)のエリザベート像を手がけ、さらに宮廷歌劇場(現・国立歌劇場)完成の前年1868年にその脇左右に置かれた噴水の彫刻を完成させてます。これが彼にとっての最晩年の作品となります。

関連リンク:
・Hanns Gasser[Wikipedia](独)

このハンス・ガッサーのモーツアルト墓碑は、30数年後の1891年には中央墓地へ移されてしまい、一度は「大きな確率」で特定された共同墓穴の位置が失われます。

20世紀に入ってから「そのあたり」に折れた柱の脇で天使が悲しむという墓石が置かれました。これが聖マルクス墓地に行くと見ることのできるモーツアルトの墓石の原型です。聖マルクス墓地の現在の墓石は1955年頃と2017年に作り直したものだそうです。

関連リンク:
・Sparsarg[Wikipedia](独)
・Die Welt der Habsburger:Sparsarg(独)
・モーツァルトの眠る聖マルクス墓地を訪ねる(日)
・国際モーツァルテウム財団(日)

5b.ウィーン中央墓地のモーツアルト

モーツアルトが葬られた聖マルクス墓地を含む5つの墓地は、ウィーン郊外に広大な墓地センター(中央墓地)が開かれた1894年に閉鎖され、そこから中央墓地への有名人のお墓の引っ越しがおこなわれます。

音楽家なら、ベートーベンとシューベルトがヴェーリンク村墓地からオリジナルの墓石をそこに残したまま、亡骸のみが中央墓地へ1888年に移され、亡骸の位置がはっきりとしなかったモーツアルトは、モーツアルト没後100年の1891年に墓碑だけが中央墓地に移されました。

第三等級という最下等の葬儀で5遺体の共同墓穴に放り込まれたモーツアルト埋葬の場所は、今となっては「このあたりだろう」程度しかわからず、聖マルクス墓地のどこかにモーツアルトの遺体が眠っていると考えられてます。

関連リンク:
・音注意:Mozart Requiem Karl Bohm[YouTube]
愛弟子であり、頼りがいのある仕事の相棒だった
故Fr.Mas.Yukio YAMAZAKI-MOLNARさんへ。
長年蓄積した記憶をまとめるのが大変でした。
間違いは指摘ください。2018年春、高崎守弘