トップページ演奏会/催し案内ウィーン少年合唱団

1997/08/04-2017/06/13更新

ウィーン少年合唱団

500年以上の伝統を持つウィーン少年合唱団は、「訓練はマイスターを生む」の言葉通り、全寮制で徹底して鍛えられた頭声発声の美しさから「天使の歌声」と言われ、世界中にその名が知られてます。

関連リンク:
日曜ミサとは(日)
王宮礼拝堂日曜ミサのチケット(日)(代行手配料2千円)

ウィーン少年合唱団の王宮礼拝堂ミサ

王宮礼拝堂の地図 ハプスブルク支配が終わった今も変わらず、王宮礼拝堂の日曜ミサで、ウィーンフィルの団員を伴奏に唄い続けてます。

■ 期間学校期間中の毎週日曜日と宗教祭日
■ 演目 2016年9月-17年6月プログラムページ(pdfファイル)
2017年9月-18年6月プログラムページ(pdfファイル)
■ 場所王宮礼拝堂 ⇒ 詳細地図
■ 時間9時15分から約1時間半
■ 値段36ユーロまで(2017年9月から1ユーロ値上げ37ユーロ)

ウィーンのハプスブルク王宮礼拝堂

会場の王宮礼拝堂は、元々ハプスブルク家のための礼拝堂です。いわば家庭の仏壇や神棚のようなもので、決して大きくはありません。会場座席数が少なく、チケットがすぐに売り切れます。たとえあまり良くない席であっても、チケットが入手できれば、それだけでも幸運でしょう。チケット手配会社への予約依頼は早い時期に済ませましょう(実際には直前でも取れることが多いようですが、主催者は3ヶ月以上前の予約を推奨してます)。

事前手配失敗時は、当日ダフ屋が出ることもあるようです。ダフ屋もダメなときは、建物内部、礼拝堂入り口にテレビモニターが設置されており、それを無料立ち見で見ることも可能です。

また、ミサが終わってすぐに外に出ると、子供たちの姿が見られますし、その子供達をつかまえて記念写真を取る人もいるようです。

【注】 これはコンサートではなく [ ミサ ] 、つまり日本語で [ お経 ] です。場所によっては少し冷えた座席も考えられます。当日の服装の参考にしても良いかも知れません。また、必ずしも正装は必要無くとも「神」の前で不潔な雰囲気を避けるのが礼儀でしょう。